年に2回ジェフグルメカードがもらえる!日本商業開発(3252)の業績、優待、配当は?

日本商業開発は高成長企業で、配当+優待利率も高いので長年保有している銘柄の一つです。年に2回届くジェフグルメカードは使い勝手が良くて非常に便利です。

この記事では、日本商業開発が何をしている会社なのか、また、配当や業績について書いてみたいと思います。

株価 1,816円
単元株数 100株
配当+優待利回り 4.13%
配当金 38円
配当利回り 2.33%
株主優待 6,000円(お食事券)
優待利回り 3.67%

※ この記事は2018年9月14日の数字を引用して作成しています。

日本商業開発とは

日本商業開発の会社概要を載せておきます。

  • 社名:日本商業開発株式会社
  • 本社:大阪府大阪市
  • 設立:2000年
  • 従業員数:83名

日本商業開発では「JINUSHIビジネス」という土地に特化した不動産ビジネスを展開しています。

ビジネスモデルの概略は会社ホームページに詳しく書かれていますが、簡単に言うと土地を購入して商業を施設を誘致して、付加価値をつけて販売するというイメージです。

通常の不動産ビジネスに比べてテナントの補修費用などが発生せず、出資者にとってローリスクな金融商品が出来るため市場が急拡大しています。従業員数もここ5年で21人から83人まで急増しています。

また、初任給が日本一高い50万円に設定されているとしても有名です。日本商業開発で働く社員の方のインタビュー動画があったので載せておきます。

日本商業開発の業績

日本商業開発の業績を見てみましょう。

売り上げは300億円以上で、毎年2ケタ成長をしている急成長企業です。経常利益率も10~20%と非常に高いです。自己資本比率は30.2%と少し低めです。

業態から市場の影響を受けやすく、業績のいい年とそうでないときの差が出ることもあります。第18期は売り上げは伸びましたが利益が減少しているため株価が大きく下がりました。

日本商業開発の配当金

間近5年の配当金を見てみます。

  • 14期・・・35円(配当性向32.9%)
  • 15期・・・30円(配当性向31.1%)
  • 16期・・・45円
  • 17期・・・55円(配当性向13.5%)
  • 18期・・・55円(配当性向43.9%)

業績が伸びているので、配当は年々増加しています。このペースで成長していけば今後も増配が期待できそうです。

日本商業開発の株主優待

日本商業開発では保有株数に応じて年に2回ジェフグルメカードが送られてきます。ジェフグルメカードは多くの飲食店で利用できて、お釣りも出るので非常に便利です。

  • 300株以上・・・6月末:3000円分、12月末:3000円分
  • 700株以上・・・6月末:6000円分、12月末:6000円分

300株保有すると優待利率は3.03%になります。配当と合わせると4.13%になります。優待をもらうためには50万円程度の費用が必要です。

ジェフグルメカードが使えるお店はこちらで見れます。

まとめ

日本商業開発は急成長している高配当企業なので非常にお勧めです。ただ、大企業と違ってまだまだ安定性はないので株価の乱高下には注意が必要です。

私はこれからもNISAで保有を継続していきたいと思います。

株価 1,816円
単元株数 100株
配当+優待利回り 4.13%
配当金 38円
配当利回り 2.33%
株主優待 6,000円(お食事券)
優待利回り 3.67%

Twitterアカウント優待生活のススメ

株主優待に関する情報を日々発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です