ブロードリーフ(3673)の優待が改悪!?5,000円のクオカードがもらえる!

ブロードリーフから300株分の中間配当1,308円が振り込まれました。小額ですが配当は何度もらってもうれしいものです。

3,000円のクオカード目当てで3名義分保有していましたが、優待内容が変更されたのでクオカードはもらえなくなりました。今回の変更は保有株数が多い人を優遇する形になっているので改悪かと言われると微妙です。

優待内容が変更されても株価は大きくは下がらず、それまでに含み益が出ていたので既に売却をしています。

この記事では、ブロードリーフの業績や配当、優待の変更内容について書きたいと思います。

株価 691円
単元株数 100株
配当+優待利回り 3.16%
配当金 12円
配当利回り 1.74%
株主優待 5,000円(クオカード)
優待利回り 1.45%

※ この記事は2018年9月21日の数字を引用して作成しています。

ブロードリーフとは

ブロードリーフの会社概要を載せておきます。

  • 社名:株式会社ブロードリーフ
  • 本社:東京都品川区
  • 設立:2009年
  • 従業員数:928名

ブロードリーフは、自動車整備工場や部品商社などの自動車アフターマーケットの事業者向けにITサービスを提供している会社です。タブレットの広がりによりクラウドサービスに追い風となっています。

ブロードリーフの企業紹介動画があったので載せておきます。

ブロードリーフの業績

日本商業開発の業績を見てみましょう。

売り上げは170億円程度で、ほぼ横ばい傾向にあります。営業利益率が16%と非常に高く自己資本比率も75%と倒産のリスクも低いです。

ブロードリーフの配当金

間近5年の配当金を見てみます。

  • 5期・・・20円(配当性向26.0%)
  • 6期・・・20円(配当性向23.8%)
  • 7期・・・25円(配当性向49.5%)
  • 8期・・・30円(配当性向88.4%)
  • 9期・・・22円(配当性向65.9%)

配当金は20円~30円の間で変動しています。2018年は12円の配当を予定しています。(2018年4月1日に株式分割をしているので実際には増配ですね)

ブロードリーフの株主優待

ブロードリーフでは保有株数に応じて年に1回クオカードが送られてきます。上が変更前で下が変更後になります。

変更前

  • 100株以上・・・クオカード3,000円、優待券2,000円
  • 500株以上・・・クオカード6,000円、優待券3,000円
  • 1,000株以上・・・クオカード10,000円、優待券10,000円
  • 5,000株以上・・・クオカード30,000円、優待券20,000円

変更後

  • 500株以上・・・クオカード5,000円
  • 1,000株以上・・・クオカード10,000円
  • 2,000株以上・・・クオカード20,000円
  • 10,000株以上・・・クオカード100,000円

株式分割を実施しているので変更前と比べて、優待をもらうのに必要な金額は2.5倍になっています。もらえる優待の価値は1.7倍なので最低単元を保有していた人にとっては少し価値が下がっています。

ただ、以前500株保有していた人は今回の分割で1,000株になっているので優待の価値が上がっています。

変更後では500株保有すると優待利率は1.74%になります。配当と合わせると3.16%になります。

まとめ

優待内容が変更された後も株価があまり下がらなかったので私は売却しています。

今後も業績の伸びは期待できそうなので利率3%越えの安定成長銘柄として保有していくのはありかもしれませんね。

株価 691円
単元株数 100株
配当+優待利回り 3.16%
配当金 12円
配当利回り 1.74%
株主優待 5,000円(クオカード)
優待利回り 1.45%

Twitterアカウント優待生活のススメ

株主優待に関する情報を日々発信しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です